台湾マーケの掲示板紹介(taiwan marketing /introduce taiwan community)

この前広告運用中気づいたは、ブランド名+レビュー、ブランド名+掲示板の名前って検索人が多いです。やはり掲示板でブランドの存在感がユーザーの意志決定に影響が大きくなっていると実感しています。そして、掲示板の活用など研究します。

掲示板だとツッコミ、クレーム、キャンペーン通知、情報交換などネガティブ、ポジティブのイメージ両方ありますが、一番炎上しやすい、盛り上がったのはやはりネガティブ系かな。今回は台湾で二つ人気な掲示板を紹介したいと思います。

PTT

台湾といえばPTTが一番有名です。シンプルなデザインですが、意外に人気らしい。中にはチャンネル別分けています。ショッピング、アイドル、日本ドラマなどなど。PTTの方はネガティブな発言、台湾ユーザーのストレス発散のためにツッコミが多く、炎上されやすい。ステママーケティングにならないように、客観的な情報発散をお勧めします。(キャンペーン、お得情報は一番お勧め)

PTTの管理も厳しい、宣伝っぽい内容はすぐ削除される可能性があります。レビュー投稿してほしいならナチュラルにした方がお勧めです

マーケティングの活用は以下のデータご参考に(データFrom SimilarWeb)

月間ページビュー:58.20M(月間アクティブ率はもっと調べる必要ある)

利用者:20歳から50歳まで幅広く

平均滞在時間:7分

PTTはすでに台湾人の生活に馴染んでいるから、Directからの流入は検索と同じ比率です。台湾人パソコンもPTTのクッキーを覚えているし、ブックマークの中ですでに保存されているはずです。

掲示板としての活用:

1、キャンペーン情報の告知(会社公式アカウントではなく、最近利用者の中でPTTアカウント持っている人に頼んだ方が信じられやすい)

2、クーポンの配布(トリガークーポンみたい)

3、ユーザーの問い合わせに返事(ユーザーコミュニケーションも取れる!)

Dcard

PTTと一番違う点として、Dcardは結構若者の中で人気です。特に大学の女性の利用者が多い

Dcardのチャンネルも恋愛、買い物、ゲーム、グルメ幅広くあるが、PTTより更新されやすいです。例えば、今話題のウイルス専用のチャンネルも作られました。今大ヒットのチャンネルもリアルタイムで更新し、情報拡散にも役立つ!女の人の呟きも結構配信され、今台湾女性の気持ち理解、マーケティング施策にヒントが出る!

将来的に、台湾の経済はもっと落ち込んいくはずです。(これは地政学の話です)今台湾の人は結構コスパ、お得情報へのニーズが高まっています。マーケティングの活用は以下のデータご参考に(データFrom SimilarWeb)

月間ページビュー:26.40M(月間アクティブ率はもっと調べる必要ある)

利用者:15歳から35歳

平均滞在時間:5分

新しい掲示板として近年人気が出はじめたDcardはまだPTTの人気には追いつけないが、検索の人が結構多いです。

活用:

1、マイクロインフルエンザと商品テスト協力 投稿の人は自分のコーナーがあります。フォロワーと投稿数など機能があります。商品提供などインセンティブ系の施策を通して、100人ー1000人ぐらいのフォロワー持っているマイクロインフルエンザと協力します。(これについてはすでに会社の人に提案しました。

2、毎回購入者にDcardにレビュー投稿してほしい施策をやります。その代わりにクーポンなどインセンティブを差し上げます。

3、DcardもGDNのグーグル広告枠の一つでもあるから、バナー広告やるならぜひ追加してみてください!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s