5分で読む本!コミュニティーマーケティングは?

今日読んだ本はコミュニティーマーケティングです。

最初本を見たとき読みたかったのは、表紙のファーストピンを狙えというコミュニティ効果の例えばです。

一番共感した、印象が残った言葉は広告を集中的投下ではなく、きっかけがなければサービスに来てくれる利用者をターゲットにするべきことです。 中国でよくあった手法はゲーム要素をマーケティングに入れることです。毎日サービスのホームページに登録すれば、ポイントを貯めれます。これもきっかけがなければサービスに来てくれる利用者をターゲットにしていると思います。買いたいとか明確な目的ではなくて、よくサービスに来たりするとサービスへの親近感が増やす、ブランド記憶も強化されます。

この本は自伝の本で、自分のストーリーを除きます。

本を読む前に質問がありました。

1、コミュニティーマーケティングと口コミマーケティングは違う?

2、コミュニティーマーケティングはなんですか?

3、コミュニティーマーケティングを実現できる条件は?

4、コミュニティーマーケティングはお金を払うの?

5、コミュニティーの運用は最初同走、目標は自走になる?

読んだ後、今理解できそうな部分を話します。

1、まずはコミュニティーマーケティングはなんですか?私の理解の限り、オンラインよりオフラインのイメージがあります。勉強会、セミナーなど定期開催したイベントです。初期メンバーを大切し、情報を拡散していきます。

2、口コミマーケティングとコミュニティーマーケティング両方共にオンラインとオフラインがあリます。コミュニティーマーケティングは最初少し狙った範囲が小さい、濃いゾンから増殖する感じです。口コミマーケティングはマス、最初は広げています。最初から炎上にもなりやすいです。

3、コミュニティーマーケティングを実現できる条件は?

これは三つです。自社サービスへの熱量、人に好かれるリーダー、会社からサポートです。コミュニティ。コミュニティで情報共有、発散を成功するために主催人は自社サービスへの愛と熱があることです。つまりコミュニティの運用は熱量のバトンタッチです。ずっと温度感は減らないです。人に好かれるこそ、コミュニティをうまく運用できます。最後は会社からコミュニティ運用へのサポートは不可欠です。

4、コミュニティーマーケティングはお金を払う?

この部分はコミュニティマーケティング実現の条件と矛盾しています。 人間の熱量で支えられたコミュニティはお金をインセンティブにしない方がいいです。

5、コミュニティーの運用は最初同走、目標は自走になる?

最初毎回定期開催されるイベントは自動的に開催されるようにしたいです。 これはコミュニティマーケティング成功している証拠ではないか?

最後、余計なことですが、コミュニティの運用はリーダーを目指す人間が必要な能力の一つでもあるから、ぜひ自分のコミュニティを作ってみたらいいなと思います。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s