わかりやすい企画提案PTT作成のコツPart1!口頭フォローいらないコミュニケーション能力

最近企画提案したく、わかりやすいPTT、さらに見栄えがいいPTT作成を作りたくていろいろ模索しています。

目標は口頭フォローいらないコミュニケーションを取れることです!!そして自分の理解と感想も含めて勉強結果を発表したいです。

まず企画提案、私にとって作文、ストリーを書くことと同じようなものです。強いて言えば違うところは、企画提案は相手を説得する、作文は自分の考えを相手の脳に打ち込む、相手を影響することです。どちでも最後相手の行動を影響することです。そして誰向けPTTを作るのが最初決めないといけいないです。

私はPTT作るまえ、最初は全体のドラフトを作る、全体の構成を考える、そして何枚スライドで収めるかわかります。毎スライドにポイントを決めます。

PTT作成は調査結果、ソリューション提案、企画、報告だけそれぞれ目的が違うと相手も違います。構成も違います。ただ共通点もあります。以下でまとめます。

手順

1、PTT目的、相手などを決め、全体ストリー構成を考える

2、スライドのポイントメッセージを作る

3、スライドを作ること

スライダの構成要素

1、メッセージ(どんな内容を伝えたいか?)

2、グラフとチャット(わかりやすく肝心なことを伝えるように、グラフとチャットなど補助が必要です。)

3、脚注(スライドの中、自分が定義したものを説明することです)、データなど根拠の出所(Evidenceとして相手を説得できるために)

4、レイアウト(スライドの目录、ページ番号、色使いなど)

1、スライダ構成要素をそれぞれのポイント

メッセージの簡潔さ、明確さ、短さ三つです。

1スライド1メッセージだけを伝える、一つの論点を巡って結論、根拠を出すことです。

1スライドでもっとも重要な点を言う、これはまとめ能力が必要です。つまり段落を一言にまとめることです。

1メッセージは30文字以内終わるのがおすすめです。

2、グラフとチャットで可視化する


最初は基本なグラフ作成、チャットの基本、難易度上がると、色の選択、グラフの合成、フォックス、データの動きを可視化になります。

一番の大事は目的に合わせて適切なグラフとチャットを選ぶことです。

3、脚注とデータなど根拠の出所

スライドで自分が定義したデータ、相手の知識範囲外のものを相手にわかりやすく理解してもらえるのが狙いです。補助効果として存在します。

コンテンツの説得力を強化するために分析の根拠となる図表には出所を書く注釈と出典です。

4、レイアウト

基本的にヘッダー部、本文部、フッター部の三つの部分です。

以下はチェックポイントです。

1、書式:フォントの選び、サイズの統一、

2、行間、段落間

3、スライドの配置パターン(右左か?上下か?)

4、適切なベース色を選ぶ、全体的に三つの色が限界です。

大事なのは余白を作ることです!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s