最近好きな本!老子の道徳経!悩みなくなる哲学

この前仕事場でモヤモアして落ち込んでいました。自分の率直な性格で上司とよく仕事についてもめたこともありました。なんでも率直な意見を言い出す自分が悪かったかな?言い回しの話し方のほうがいいのか悩んでいました。そのとき出会ったのは老子の道徳経。中国でそこまで流行っていないけど日本では訳本と応用した本は多いです。

一、万物は陰陽で成り立つ

自分で一番癒される言葉はこれです。自分の解釈はどんな悪いことでもいい面は絶対ある、それを見つける能力はだれでもあるわけではない。そして磨くしかないです。いいことでも悪い面が隠しているから慎重が必要です。特に満帆順風なとき、リスクマネジメントが大事です。

最善の人物は“水”のような人である

私のアイドルブルスーリーが以下のことを言ってました。

Empty your mind.
Be formless, Shapeless, like water.
If you put water into a cup, it becomes the cup.
You put water into a bottle and it becomes the bottle.
You put it in a teapot it becomes the teapot.
Now, water can flow or it can crash. Be water my friend.

水のような形で柔軟にいろいろな状況を適応することが大事です。

私はいまはグローバルマーケティングをやっています。異文化と戦う毎日です。自分は中国人だからアメリカむけマーケティングやれないとは思わない、水のように柔軟にアメリカ人の立場で考え、アメリカ文化と歴史を知って、マーケティングすることが成功の不可欠なものです。

おわりに

子供の頃はブルース・リーのドラマが大好きで、言ったことは難解すぎて理解できなかったが、最近になり彼の言ってる事に合点がいく事が多くなった。
一見私たちの世界は掛け離れているようだが、深く通じるものが有る事はわかったはずだ。これからも僕は師にたくさんの事を学ぶであろう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s