心理学とマーケティング1

人間は言われるように行動はしないものである。つまり反抗心があります。意図的に選択させたいことがあっても思う通りにはならないです。

以下は例をあげます。

サービスは儲かるために商品の検品と保証料金を設計しました。パターンとしては以下になります。

ア:検品と保証プラン500円

イ:検品プラン300円

ウ:保証プラン500円

エ:何もないプラン0円

こう考えると、消費者はアかエかしか考えないですね。

会社が利益のため、以下のように必ずアをおすすめと強調するようにデザインします。

結果はどうでしょうか?逆にウ:何もないプラン0円を選んでしまいました。さらにSNSで自分は何の保証もないけど結果は何もなかったと自慢したり、さらに人々は何もないプラン0円を選んでしまいました。

これから二つの心理法則を使います。まずは人間は言われるように行動はしないものである、もう一つはお得より人間は損を怖く思います。

例えば、消費者はエの何もないプランを選んだとき、ポップアップしたのは

本当にいいの?壊れてしまったなら保証金もらえないよ

成功にユーザーを有料版に動かせるポイントはデザインの工夫です。

1、会社の利益立場ではなく、自由に選ばせます。

2、ユーザーが無料版を選んだ時、悪い結果を見せます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s