クーポン利用率は低い?無料なクーポンは大切にされないよ

クーポンキャンペーンはサービス集客と利用促進の定番施策だと思います。新商品発売、在庫処理などシチュエーションに応用されます。ただし、クーポン金額がずっと下がってもなんでユーザーは動かないですか?今の時代クーポンの配布も変わっていると気づいましたか?

1、マーケティングが販売志向からユーザー志向に変わりながら、関連施策も進化しないといけないと思います。サービス一方的なクーポン施策ではなく、ユーザーと共同分担し、インタラクションなどコミュニケーションを取りながら一緒にブランドを立ち上がるべきだと思います。

2、無料なものをあげると誰も大切しないと思います。なんでも条件があります。借りと貸しですね。ユーザーにクーポンを貸しているだけ、実は借りを求めています(それはサービスの利益になります)。そしてクーポン施策成功するかどうかは実は成功にユーザーにお願いしたり、貸したりすることがキーです。

私はクーポン配布は以下に三つ分けていきます。

無償系

ユーザーとサービスにとっては損の状態です。

ユーザーはクーポンを当たり前のことと思ってすぐ飽きてしまいました。

サービスにとってもクーポン金額ずっと下がらないといけない、利益が薄くなります。

条件系とタスク系

ユーザーとサービスはWin-Win状態です。両方も対価と利益をもらいました。

対価:

ユーザーは自分の時間、金銭、頭脳、労力など対価をかかりました。

サービスはクーポンコストが発生。

利益:

ユーザーは自分の価値を実現しました。

サービスは利益がもらいました。

ただ違うのはタスク系のクーポン施策はブランドの立ち上げに役立ちます。これはデザイン思考の工夫が必要です。

例えばサービスのロイヤリティユーザーを立ち上がるために、サービスの誕生日、特別意味がある数字などをクイズにします。ユーザーは当たったらクーポン付与します。そしてユーザーは知らず知らず洗脳され、サービスへの愛情が増えます。

成功なポイントはクイズは難しくないけど特別な意味があることです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s