Tiktokのアカウント運用のコツ1

最近は新規チャンネル集客施策をやらせていただきました。対象チャンネルはいま世界中大ヒットしたTiktokです。

中国版のTiktokのDouyinと比べて、TiktokのEC機能はまだまだ成長中です。将来的にTiktokのハードルが下がるかもしれないです。

Tiktokはそもそも広告プラットフォームですけど、うちの会社は予算を出さずに広告以外の活用だけやらせていただきました。

Tiktokの活用について以下3つの方法を考えました。

1,通常の自社運用:SNS運用のように定期的に配信します。

2,レビュー依頼:最近うちのサービスを利用したユーザーにTiktokにレビューの動画投稿を依頼します。

3,Tiktokでのインフルエンザと連携する。

最近はTiktokの自社運用を経験しました。課題と経験を紹介したいと思います。

最初申し上げたように、Tiktokは広告プラットフォームのために、お金を使わず、通常運用の場合にリンクは直接遷移はできないです。わかりやすく説明するとSNS投稿の場合、リンクをクリックしたらSNS外部のサイトに遷移できますよね。Tiktokの場合にユーザーは自分でリンクをブラウザにコピペしない遷移できないです。

そしてリンクの誘導は弱いという課題が出てきました。

リンクの活用詳細(広告以外)
リンクの貼り付け1、プロフィールにYoutoberとかTwitterのリンクを貼り付ける
2、企業アカウント認証を取り、プロフィールにリンク貼り付ける
リンクのシェアユーザーに動画のシェアを依頼する、またはインフルエンザにシェア依頼する
リンクの誘導1,動画の最後にリンクをブラウザにコピペしてねと強く誘導する
2,動画のコメント欄にリンクをブラウザにコピペしてねと強く誘導する
3,投稿文章にリンクをブラウザにコピペしてねと強く誘導する

あとはリンクは長い場合、短縮しないと投稿できかねます。

リンク短縮のツールと利用方法も紹介しますね!

https://ferret-plus.com/8211

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s