5分で分かる本!2025年人は買い物をしなくなる

お仕事忙しい中で本を読みたいけど時間ないでしょうか?
この本読む価値があるかどうか迷っている人がいますね
実はほとんどの本は読む価値があるのは数枚だけと思います。みんなの時間節約のために5分でこの本を紹介しますね。

今日紹介したいのは2025年人は買い物をしなくなる、この本です。

タイトルを見ると、人は買い物をしなくなるなんてありえないとか信じられない人もいるんでしょう。

実は人は買い物をしなくなるではなく、買い物のプロセスは省略されることになります。購入体験を重視になっていきます。

本のサマリー

この本をおすすめの人:EC関係者全員、特に初心者に優しいです。

この本の構造:EC業界の過去歴史、現在状況、未来展望の3つの時間軸に分けて話しました。

ECは所詮ものを販売することです。このまえずっと実店舗で販売されたが、現在デジカル化されるだけです。

つまりEC関係者の戦場は百貨店、スーパーなど物理的なシェルフからデジタルシェルフにシフトしていることです。目に見えるものは全部シェルフになります。

見るポイント:

1,品揃えは会社のアピールポイントになれなくなる

商品豊富の時代、値下げはもう魅力を失いつつ、ブランドにダメージを加えるだけです。消費者も選びにくくなり、過去自慢の品揃えはもう通用しなくなります。 AI時代でユーザー好みにある商品を推奨するマッチング機能が注目されます。

2,将来消えるのは?生きるのは

将来的に大きな百貨店、スーパーは消えていきます。その代わりに体験系、小さく店舗は生きるんです。たとえば原宿のアップル体験店です。

3,メルカリの流行り

服のサブスク、映画のサブスク、中古品が流行っている中に、人はものに対する追求する属性は所有権ではなく、使用権になります。

4,購入の便利さにつれて、購入プロセスのなかの楽しさも失いつつあります。そして、人は買い物の実感はなくなります。そのとき、開封の儀式Unboxing動画、レビューコンテンツは盛んで行きます。

5,自動車の発展のために買い物の仕方も劇的に変わる過去があるが、今AIと5Gの時代に買い物も激しく変わっています。ライブコーマスも中国で人気です。

6,便利さを追求するではなく、将来的にユーザーは時短を追求します。つまりユーザーの時間の節約できるサービスは勝つ

商品豊富の時代に、ユーザーは固定チャンネルで買い物ではなく、だれか一番はやくユーザーにアプローチし、ユーザーが満足できる購入提案するサービスだけ生きるんです。

7,商品の紹介だけユーザーを動かせなくなります。ユーザーに商品を紹介するより、Why(なんでこの商品を買うか?魅力はなんですか?)とHow(どうやって商品を買えるか)のほうはユーザーに受け入れやすいです。

8,ユーザーを説得させるストーリーも大事になっていきます。共感できるストーリーは長いほどがいいです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s