5分でわかる本!中国のリープマーケティング

新型コロナで次のビジネスを広げる貴重な機会として、このピンチを有効活用し、無人化、無接触化、自動化、オンラインサービスの拡張を進んでいる中国の今、財布がなくてもスマホがあれば何でもできるだけではなく、
今は顔認証で何でもできる時代になりました。 
怖いね
ただ単純に規模にものを大量生産だけではなく、大量消費の時代を進めています。
現金ゼロ、行列ゼロ、待ち時間ゼロの光景を見た筆者の中国マーケティングの考え方だけを紹介する。
背景:
・中国の会社の発展は単に資金力、技術力、経営戦略だけではなく、マーケティングの広め方も勉強できる部分がある。
・中国のベンチャーの集積地、北京上海深セン杭州(残念ですが広州ではない(泣))
・中国のインタネット企業、Baidu,アリババ、テンセント、Huaiwei,Xiaomi,DJ,Bytedance、Meituan
・中国のビジネスは量産で、質より数、当てていく
・真似するから競争優位性を勝ち取る
容易なものは真似する、それより充実したサービスを作って、それが王道

次は戦略、マインドの2つの階層から本を読みます。
1,中国の加点型マーケティングと減点型マーケティング
何でも完璧的な準備でないと進まない減点型マーケティングと比べて、中国最初最低限の値段を持つ商品をリリース、短いサイクルで回す、テストで初期の反応を見て、バージョンアップ、最後は完璧を求める加点型マーケティングの考えです。ただし、こういう短いサイクルで回すことを近視眼的な解釈として見られるのが損です。

何でも変わりつつある中に、完璧→行動するなら、完璧のタイミングで考えるものは行動するタイミングは違うものになるから、思う通りにはならないです。臨機応変で柔軟な対応が大事

共創系マーケティング
ユーザーを友だち、パートナーとして一緒にブランド作りを招待するマーケティングです。

ベンチーマーク系マーケティング:
同業他社や他業種の優れたビジネスを分析し、その特徴を自分のサービスに入れる

コネワーク:
中国でビジネスやるなら、コネクションが一番優先です。
つまり人脈、友達、大手インタネットの会社のトップは同じコミュニティのなかで、お互いに知り合いでもある

2,マインド
中国が養っていくのは、人を騙されないように、下に見られないように安易に周囲へ合わせるのではなく、确固たる自分自身を強くもつ
中国で仕事後自主的に産業、貪欲的に勉強するのが普通
出る杭,さらに伸ばす

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s