5分で分かる本、コミュニティの作り教科書

中国語の物以类聚、人以群分
出典は数千年前の中国古代的史学名著《 战国策 》
日本語の意味は類は友を呼ぶ
意味は同類のモノは常に一緒に集まる。志を同じくし同じ道を行くものはお互いに集まり群を成す。これに反するものはすなわち別れる。現在、多く、悪人が互いにぐるになることのたとえを表す。

人生ってそのままでいいのか?
自分のビジョンを掲げて本当の仲間を見つかましょうか?

初心者向けのコミュニティの作り方です。オフイベントサービスのPeatixの創業者の経験談です。一定の参加になりそうだから読んでみました。

本のざっくり構成は
1,コミュニティの定義とは?
コミュニティとは、能動的双方向的になコミュニケーション、目的意識を持つ人が平等的にコミュニケーション取れる場所です。
考え方違うとコミュニティの分類も違います。

内容別:
コミュニティの分類は4つあります。テーマコミュニティ(共通趣味で集まる人々)、地域コミュニティ、オンラインコミュニティ(SNSでのコミュニティ)、ビジネスコミュニティ(会社用)

形式別:
1対N
トークセッション
ワークショップ
ハッカソン
キャンプ系
スナック型

規模別:
ミートアップ
小規模
中規模
大規模

2,コミュニティのプロセス
方向性を決め、目的を明確→企画、内容を決める、計画プラン→参加者を集まる、イベントをプロモーション、告知→イベント本番→イベント継続運用(閉鎖しないように)

それぞれのプロセスに対する分解してみます。

本の読むポイント:
企画の方法
1,掛け算
全く異なる分野イベントと絡む
企画はまじで広くて浅くい幅広い知識が必要だね
2,足し算
特定業界やテームに関する専門家が集まる
3,組む
社外の提携

2,最初のコミュニティは10人でもいい、どんどん輪を広げていく、巻き込む投稿を配信する

3,コミュニティのKPI計測は難しい、成果をうまく説明するのは難しい
そうしたら、5つのKPIを組み合わせて見たほうが客観
ブランディングKPI:メディア掲載数、SNS反応数、リーチ数)
エンゲージメントKPI:(アクティブ率、参加者への支持率)
インフルエンサーKPI:(インフルエンサー数)
コラボレーションKPI:(社外提携)
営業KPI:(売上)

4,なんでコミュニティ?
消費者は無数の商品に自分の価値観に合うサービスを選ぶ傾向がある
同じ価値観で集まったコミュニティで最初の熱狂ファンからどんどん輪を広げていく、集客でもつながるはずです。

実際コミュニティを作りたいひと絶対読み返すべきだと思います。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s