1秒でわかる本!お金を払っても見たい広告とは?

何のストーリーか物語を読んで、まるで電流を通ったような感じを得るのは人生で一度経験すべきです。
脳は物事を理解できるが、共感しているのは心


1秒でわかる本。
この本は一言で言えば、エンターテイメントコンテンツにブランドのメッセージを乗せて顧客に届ける
もっと簡単的に言うと(说人话)、映画を見ているようですが実は広告を見ている、ブランドと商品を映画に入れ込む。
これを実現する方法はストーリーTellingです。

本の構成
1,この本を読む必要性(つまりBrandedエンターテイメントの必要性) ほとんどの本でも最初本をよむ必要性で説得しますね。(読む価値がすくないが説得芸術として勉強できます。)
2,Brandedエンターテイメントの実現方法
ストーリーTellingの重要性、いいストーリーの要素
いいストーリーを作る方法など話しています。
3,未来のチャンス
将来的にBrandedエンターテイメントを伝って成長性が高い業界:スポーツ、Eスポーツ、ハリウッド、ゲーム
4,Brandedエンターテイメントがビジネスでの活用
・アーティスト、タレントがキャンペーンに起用される理由は消費者が理解すべき
・ナイキとアディダス、マクドナルドなどスタディケース
商品を売るわくを超え、精神面とライブスタイル自体を売る
気になるポイント
1,なぜストーリー性があるコンテンツが必要かというと、
少し想像したら、テレビで韓国ドラムの梨泰院classを見ている最中に、ドラマと全く関係ないコマーシャル広告でとめられて気分悪くなりますね。ただし今でNetflixで広告無しわずか二日間で梨泰院class一気に見えるなら、もちろん広告なしのほうがいいと思うよね。
お金を使っても広告なし、広告ブロッカを使いたくなります。
中国版のNetflixのYouku,Aiqiyiは会員登録したユーザーに、広告なしの特典を提供しています。予想以上歓迎されています。これは広告会社とビジネスマーケティングにとってまさかの悲報です。そして、エンタテインメントのような顧客を楽しめる広告はますます重要
2,時間に対するの考え方
広告主はお金を使って広告配信で顧客の時間をかっているが、顧客に対する同じ時間の対価を払いました。そして、広告にたいする顧客はなにか価値を取れるか考えるべきです。
ブランドの金銭的な投資と観客の時間的な投資の両面で投資対効果が高い広告を考えるべきです。
人が集まれば広告配信できる、広告は所詮人間の時間の獲得戦争です。
3,以上話した広告を実現する方法はストーリーTelling
話題性を作るのもストーリーTelling
ストーリーはターゲットに感情的な繋がり、関係性を作ります。もしストーリーが心に響くのであれば、人々はこれを自分事のように感じさせてShareしたりバズる、そしてニュースにもなるように後押ししてくれます。ニュースは更に話題性を生みます。
そして邪魔する広告主から魅力的な広告主に変わる
4,ブランド愛に火をつけるラブストーリー
愛を信じられない男があるブランドのチョコレートを食べるたび、夢でみる女性と恋におちた物語の広告があります。
販売商品のチョコレートは広告に物理的な存在感を放っているが、恋におちる魔法を象徴しています。これは物語とブランド商品両方の交差点をみつけて、人々に伝えるアイデアです。
つまり、コンテンツの表面にブランドロゴを貼り付ける、コンテンツの芯に意味を織り込む
5,表面的に見ると、世界中の観客あるコンテンツに興味が出る、実はローカルの類似コンテンツに惹かれるだけ。
人々は自分たち自身の経験を反映するストーリーが好き
そして論理的にいうと、ローカルの文化、神話、歴史、文化、物語を知ると、ローカルの人々の想像力を捕まえるはずです。そして人々の潜在意識も知り、人々の心を動かせるコンテンツも知り、マーケティング成功にも役に立つ。
6,いいストーリーの要素
・普遍性、時代精神を強く感じるようなテーマがあり、ビジュアルストーリー展開できる
・ストーリーのセントラルクエスチョンはわかりやすい
・プロジェクトの設定はユニックかつ伏線回収の驚き、つよさがある
・クラフトのレベルが低い
・ブランドと商品の課題の解決策が自然かつ効果的に統合された
7,新たな3C、コンテンツ、コンテクスト、コマース
・ストーリー全体を通して、顧客をたのしませながら、ブランドに対するエンゲージメント(関与度)と知識の水準を段階的に高めていくことをコンテンツにする
つまりコンテンツはエンゲージメントが評価ポイント、人々に知識系など役に立つ内容を企画するべき
・コンテンツを配置する場所を通して、ブランドが発するメッセージが果たした役割、掲げている理念の社会地位を向上させること、これはコンテクスト
・商品の販売を通して、消費者のブランドへの反応を生み出すことでビジネスでの成果のがコマース
最後は好きな言葉を送ります。
怒りは恥ずかしべきではない、怒りは私たちの心を奮い立たせる、とても強力です。恥ずかしいべきはその力の悪用だ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s