5分でわかる本!SNSでものを買う決め手は?

普段本を読みたいですが、読む時間がない方へ知っているか?毎日4000の本が出版されたが、ほとんどは知識と情報の繰り返しです。分厚い本で読む価値があるのがただの数枚だけ時間はMoney!時間の節約こそビジネスだよいろんな本を読んで、重複している内容な多いことに気づいた。この本だけのポイントとエッセンスを紹介します。5分で分かる本です。 中国の話盛极而衰、否极泰来物事は極端的方向に発展していくと必ず逆方向に発展に行く。そうしないとなくなります。これは自然の法則、人間の意志によって変わることはないです。ビジネスのマーケティングの世界に映ると、インフルエンサーマーケティングが発展しすぎると、逆に信頼されなくなります。UGC、マイクロインフルエンサーが出てきます。マスメディアの時代から今のデジタルウェブ時代、中小企業にも大手企業と肩を並べれるように、SNSマーケティング、コンテンツマーケティングを利用した情報発信できます。 今日の本の魅力はSNSマーケティングとコンテンツマーケティングの組み合わの活用 ■本の構成1,WhySNSマーケティング、UGCマーケティングが必要です。(スキップでも大丈夫です、筆者は本を読む理由を作りたいから) 2,SNSマーケティング:情報の配信、伝播コンテンツマーケティング:情報を作る 3,SNSマーケティングとコンテンツマーケティングの組み合わ ■読むポイント1,玉石混交の情報で、一番信頼されるのは家族、友人、知人のおすすめ(つまり口コミ)2,UGCマーケティングのメリット:UGCが生まれると、アテンションが広がり、購買ファンネルの入り口が大きくなる・UGCの生産で、特にブランドメンションの大量生産で、ブランドの指名検索が増え、売上に直結・信頼されやすい・ユーザーの態度変容が起こりやすい。(SNSでUGC内容にリアクションしているユーザーは潜在意識にブランドに好感を持つ)・UGC内容は企業広告よりShareされやい・UGCが多ければブランドの想起効果が出る、何を買うならこのブランド(飲み物ならコカ・コーラ)3,1万人に情報を届ける方法はフォロワーが一万人いるアカウントを見つかることだけではないコアなフォロワーが100人いるアカウントでも可能です。(コアなフォロワーはShareすると)4,UGCがうまれやすい企画を考える、生まれたUGCを効果的に広げる5,クローズ系コミュニケーションのSNSツール(Line)はUGCを軸にした考えは多分向きません。6,UGCの有無と指名検索の有無で施策を考えるまずはSNSで自社のUGCと指名検索について調べましょうか?・UGCあり、指名検索あり→SNS、UGCを活用して、さらなるUGC生産して・UGCなし、指名検索あり→まずはUGCを生産・UGCなし、指名検索なし→UGCを生産するためにまずコンテンツを作ってね7,SNS時代の購入ルートUGCでブランド発見→好きになった→検索1(SNS内検索)→検索2(ヤフーグーグル検索)→アクション→拡散→UGC8,コンテンツマーケティングは顧客の育成のほかに、購入直前の後押しの役割もある9,リアルな関係をUGCで広まると更に信頼されます。(例えば実名制のFB)10,UGCが自然に出ないときこそ、コンテンツマーケティングが重要、つまりコンテンツ制作→UGCの発生11,コンテンツマーケティングは直接的にCVより、間接的にCVに貢献

5分でわかる本!結果を出すSNSマーケティング鉄則

勉強しないより、一夜漬けの勉強のほうが絶対いい明日の分の自信がつきました。うまくテキストでコミュニケーションを取れるようにしたく、日本語の勉強を頑張ります。 一言に言うと、この二つの本の内容のまとめは以下になります。・SNSそれぞれの特性、・仕様の特徴、・業界とサービスとの親和性、・広告配信方法、・SNS活用方法、・SNS運用テクニック、・心をつかむ写真の構図、動画作りのテクニック・SNSツールおすすめ 気になるポイント:1、SNSの分類Who文脈:友達、知り合い系のSNSWhat文脈:同じ趣味を持つ人のコミュニティ 2、理屈抜き読み手の感情を引き出すこと 3、ユーザーが求めることを織り込んだ内容を作る 4、ストーリー展開する写真、動画などクリエティブの作り方Tiktokで動画視聴完成度は一番の評価基準でもあります 5、人間は同じものを7回みないと浸透できない 6、発信者側の意図より受け取り側の意図

5分でわかる本!SNS消費時代の売り方

鳥は意外に恐竜から進化してきたんですよ、なんで恐竜は絶滅したが鳥は生き残るんだね。ものは必ず大きくなければ大きいほうがいいわけではないよ。変化に対応できるものこそ生きられる。今大手企業で働いている君、会社の肩書を外して自分はどんなものですかと考えたことがありますか?自分のアイディティンを立てて、会社へ依存しすぎるないような個時代こそSNS時代そのもの。会社の名前ではなく、個人の魅力で仕事しませんか?自分ブランディングしませんか?自分を中心にコミュニティを作りませんかこれだ、変化を楽しめ、個性を出せとさけぶ3Fの力で価値になる本です。 本の構成はケーススタディ+原理です。個人ブランディング以外、会社の成功事例のケーススタディもいっぱい紹介してくれた。 1,ガチャ飯のアイデアガチャガチャはいつもおもちゃが出てくれるが、まさかご飯!これは常識を覆した発想ですね、まさに長い行列ぐらい、SNS投稿のためにガチャ飯を試したいぐらい、大成功した。原理:この商品はSNSで投稿してもらえるの視点で考えるものを買うより、Shareしたいとか継続な行動につながるかどうか設計です。なんかインセンティブより、自動的にレビュー、口コミしてくれればいい設計になりますね。2,最初人間は場所に行って、写真を撮ってSNSにアップするが、今は逆になっているらしいです。SNS投稿したいから、ディズニーランドに行く、旅行に行くとか3,ネットの関係もリアルな関係に変わっていくまさか中国本土にいたとき、当たり前のことですが、日本は違う。FacetoFaceコミュニケーションのほうが強い。中国でネットでめちゃ喋れる人はリアルで憂鬱ぐらい静かな人です。4,会社SNSアカウントの運用も人間化、人柄を出し、共感され、好意を持ってもらえるべきです。ブランディングを考えると、広告代理店に任せるのは愚の骨頂。これも自分は広告代理店で仕事したとき。サービス全く知らないがブランディングのSNS投稿しないといけない。全く随時取り下げ、無駄な仕事をやっているようで毎日眠れないぐらい不安でした。SNS運用のコツは日々を使い尽くし、使い倒す、かんを磨く方法しかない5,販促はなくなるかもしれない。プロモーション=マーケティングと思う人がいるかもしれない。これは大間違いです。どんなに値段下げても、安売りしても今の時代個性がないサービスは無理です。販促より、SNSで人々と関係を築く、この人の輪で広げていく、自動的に新規集客6,ロジカルシンキングの弊害消費の主体は企業から人間へ、人間マーケティングが生まれます。これからマーケティング数字で表せなかった、理解できない人間インサイトことが増えますね。人類学、心理学、社会学など直感のものが重要になっていく。論理と理性はそろそろ限界がやっていて、論理性と直感両方が意志決定につながっていく時代。7,ライバルは必ず同じカテゴリーの企業ではない時代、本当の敵はだれか?ホテル系会社を滅びすのがホテル系の競合ではない、ものの所有権を利用権にした、業界地図を塗り替えたAirbnbです。中国で財布泥棒をなくしたのが警官ではなく、アリペイの新たな支払い方です。インスタン面会社の利益激減した原因はデリバリーサービスだ。まさか中国のSF小説のなかの言葉の通り、将来で、君を滅びすものは君と全く関係ないです。そうしたら、一見見ると仕事と関係ないことも興味を持つ、想像力を活かすのが大事になりますね。業界や商品の境界はますます曖昧になっていく。関係ない業界で敵が出るかもしれない8,SNS消費会社の広告より、個別で作ったコミュニティの中で消費を決める傾向があります。組織より個売るより関係性仕事より楽しさ、これはSNS消費9,いつかSNS離れ、SNS疲れの時代がくる?SNSの洪水のなかで、個性が出ないSNSますますみられなくなりますね。10,遊び心で仕事をする、仕事を面白がる真面目な買い物ってつまらないよね。ゲーム感、イベント参加感が出る買い物を楽しむプロセスを提供する会社がある。Case:締め切りまで500個予約取れなければ生産しない時計屋さんの企画です。新鮮な風を通した企画です。毎日500個まで何個足りないか見てみたい、思わず目標達成できるかどうか心配になって、助けてあげたいですね。最後はやるかやらないかだけの話です。

5分でわかる本!買う理由は雰囲気9割

最近思ったのは大学時代マーケティング専攻しなくてよかった、中国大学の呪い、何か好きなことがあれば絶対専攻しないで、恨みが生じるから。 今日も主観能動性で問題解決する黄です。今日紹介するのは買う理由は雰囲気9割。 買ってほしい、ぜひ売りたいという押し付けではなく、まず買う雰囲気を作るコンテンツマーケティングに共感しているから読んでみたいです。インフルエンサー起用する会社の社長さんの経験談でした。インフルエンサーマーケティングでもコンテンツマーケティングでも同じで、起承轉結の作文と同じの話です。 選ばれる理由があれば絶対売れる。この法則は死ぬまで変わらないですが、選ばれる理由は時代によって変わっています。物質貧困な時代でものを作れば売れる、選ばれる理由は無機質、無感情の機能の特性、今物質豊富の時代で選ばれる理由は機能以外、付加価値でもあります。商品の価値観とか人間気味、温度感があるから、人間マーケティングも言われています。 以下はこの本だけのエッセンスを伝えます。インフルエンサーマーケティングはまじで簡単ではない、フォロワーが多くても影響力が高そうでもなかなか売れない商品が多いとしみじみ感じていました。逆にインフルエンサーの力を借りて一気に有名になった商品もあります。 今まで経験したことの上で考えた失敗する理由としては・インフルエンサーを見抜けていない(ゾンビフォロワーが多いとかエンゲージメントが少ない)・商品とインフルエンサーの世界感と一致しない、フォロワーは動かない・投稿文章は魅力足りない、フォロワーは動機づけにはなれない・インフルエンサーの投稿は完結型、実はインフルエンサーのフォロワーだけ向けの配信は限界があります。インフルエンサーの投稿をShareされる理由は考えないといけないです。もっと広い範囲で広げていくとインパクトが出ます。・インフルエンサーが配信するタイミングが違う・インフルエンサーの得意ジャンルではない・インフルエンサーの評判を把握しきれない 1,人々は広告主の美辞麗句(プッシュ系の広告)ではなく、リアルを求めています。広告を信じられない時代に入った自社商品またはサービスを素晴らしさを歐えば歐うほど皮肉な逆効果が出た2,インフルエンサーマーケティングでいつもの投稿と違うと敏感的に捉えたユーザーはこれは広告だと読んでくれて、営利目的だと思ってインフルエンサーを信用したくなり、離脱する可能性がある3,良質なインフルエンサーも自分の世界観を守りながらサービスをPRします。 温度感が急に変わったことで、フォロワーは違和感を生じる可能性があります。4,インフルエンサーのフォロワーは同じ価値観を持つ、感覚があう、憧れる存在と思う人が集まっている人が多いが、盲目的紹介するものを受け入れることではないです。インフルエンサーは本当にいい商品と思うし、共感されるアピールすればフォロワーを動けます。5,インフルエンサーの投稿テキストは商品自体を見せるより、使う雰囲気、空気感も見せていくべきです。6,ものやサービスがあふれる今、こだわりとバックストーリーがなければ淘汰されやすいです。7,インフルエンサーとやり取りするとき、投稿条件をガチガチ固めることはしないで、必ず余白を持つ、インフルエンサーらしいスタイルで投稿してくれます。そうしないといつものインフルエンサーと違うってフォロワーは疑い始めた。8,インフルエンサーマーケティングの起承轉結起:目を引く承:共感もらいたい轉:行動させる、やってみよ、ほしいと思わせる結:Shareされる、共有される9,マイクロインフルエンサーの活用お客様は警戒心低いし、営利目的も薄いから、信用されやすい。フォロワーは5000人〜10万人ぐらい中小規模10,インフルエンサーの商品説明するとき、予め商品を良さを説明しすぎないように、お客様が自由にアレンジできる余白がある部分を置くことが大事。つまりユーザーの想像を膨らせます。11,消費者は企業から押し付けれた情報に踊らされることなく、自分で商品を選ぶ、購入を決めます。12,めちゃいい例えばだと思います。以来のマーケティングは虫取りの人みたい、網をもって虫を追いかけているプッシュ系、今は蜜を塗って待つだけのプール系ユーザーは自主的に商品を選択し、検討する時間も必要です。13,インフルエンサーマーケティングの原則共感:共感してくれるコンテンツを作る共創:自ごと化にして、ユーザーと一緒に作る共有:Shareされる

5分で分かる本、1億人のSNSマーケティング

SNSの特性、種類、広告など基本知識以外、この本だけのエッセンスを伝えます。 1,SNSマーケティングとは?SNSアカウントの運用、SNS広告だけではなく、レビュー施策、口コミ施策、インフルエンサーマーケティング、UGC、PGCマーケティングでもあり 2,メディアの分類の進化POE→POES)ペイドメディア、アーンドメディア、オウンドメディアのトリプルメディアからShareメディア,検索が追加 SNSにおける購買プロセス、いいループが作られる、通常のファネルと違って、フライホイールの構造が出た UGC→LIKE→SNS検索→グーグル検索(詳細情報)→アクション→Spread→UGC 3,なんでSNSマーケティングやる背景SEOだけ頼るリスク:SEOでどうやって改善しても順位はなかなかあがれないデジタル広告に規則の波が押し寄せてきた個人情報保護の波SNS検索行動が出たSNSは大きなお客様と出会う場所SNSで占用時間の多いSNSが主要戦場 4,商品の販売実績とツイート数における正の相関性を捕捉した調査がありました。 5,SNSで商品を認知、購入するルートが作られています。例えばYoutobeでレビューを検索すると、購入できるショッピング広告がでる 6,BotanistのSNS広告アカウントの運用で大手のシェアーを勝ち取っている成功ケースがある 7,動画はテキスト、写真だけ弱かった訴求力の問題を解決した。 8,マスメディア時代で1対Nの情報伝播の形はどんどんN対Nになっていた 9,SNSの選び方のポイントユーザーの数投稿者(どのような人物像)コンテンツの形(テキスト、動画、写真)情報伝播の主体拡散性(まじでインスタ拡散力ないって) 10,SNSで誤解を招く点・フォロワーを重視すぎる:アカウントの価値はフォロワーを決めるわけではない、特にいまの時代でゾンビフォロワー多すぎる・キャンペーンの連発懸賞目的のキャンペーンで引き寄せくれた人はギフト目当て、フォロワーになっても購入行動はしない目的設計しないキャンペーンはもったいない・SNSアカウントは単なる告知媒体ではなく、コミュニケーションの場でもあり、ファンとのインタラクションが必要・アカウント運用はセンスが必要?センスより、コンテンツを美しく設計したほうがいい・SNSからダイレクトCVは生まれないわけではない、ただし成果を図るのが難しい 11,SNSマーケティングの成果の測り方KGI,KFS,KPI例:KGI:Tiktokからのセッションを増やすKFS:遷移リンクKPI:セッション数 12,購入プロセスのあらゆる接点で口コミを創出 SNSの機能追加も認知から購買、推奨まで購入行動プロセスの全てのフェーズを押しつけている 13,ブランドに合わせてSNSの位置関係と距離感を設計わざとSNSマーケティングしないブランドもあるって驚いた例えば高級品の場合、憧れる存在になるために神秘性を保つためにSNS出るを控えめ生活に近い商品なら親近感を出せるために多めにSNSブランディングするべき 14,なんで人間はSNSでShareしたい・自己顕示欲、自己実現Shareする投稿への共感、同意または反対意見がほしい・おめでたい場・使っているのに知られたくない・真顔消費(個人消費で完結し、それ以上に情報拡散したくない、例えば普通なトイレペーパーを買ったがキャラクターが映らないからShareしたくない)・ネタ消費もしドラえもんのキャラクターが入ったらかわいいと思うからすぐShare見栄え:印象や評価を高めたい・ツッコミ・価値提供・友達作りたい・承認欲求 15,口コミされにくい商材もある:コンプレックス商材 口コミされやすい商材もある:他者に推奨したいアイディティンの表現(アパレル)有形商材 … More

5分で分かる本、コミュニティの作り教科書

中国語の物以类聚、人以群分出典は数千年前の中国古代的史学名著《 战国策 》日本語の意味は類は友を呼ぶ意味は同類のモノは常に一緒に集まる。志を同じくし同じ道を行くものはお互いに集まり群を成す。これに反するものはすなわち別れる。現在、多く、悪人が互いにぐるになることのたとえを表す。 人生ってそのままでいいのか?自分のビジョンを掲げて本当の仲間を見つかましょうか? 初心者向けのコミュニティの作り方です。オフイベントサービスのPeatixの創業者の経験談です。一定の参加になりそうだから読んでみました。 本のざっくり構成は1,コミュニティの定義とは?コミュニティとは、能動的双方向的になコミュニケーション、目的意識を持つ人が平等的にコミュニケーション取れる場所です。考え方違うとコミュニティの分類も違います。 内容別:コミュニティの分類は4つあります。テーマコミュニティ(共通趣味で集まる人々)、地域コミュニティ、オンラインコミュニティ(SNSでのコミュニティ)、ビジネスコミュニティ(会社用) 形式別:1対Nトークセッションワークショップハッカソンキャンプ系スナック型 規模別:ミートアップ小規模中規模大規模 2,コミュニティのプロセス方向性を決め、目的を明確→企画、内容を決める、計画プラン→参加者を集まる、イベントをプロモーション、告知→イベント本番→イベント継続運用(閉鎖しないように) それぞれのプロセスに対する分解してみます。 本の読むポイント:企画の方法1,掛け算全く異なる分野イベントと絡む企画はまじで広くて浅くい幅広い知識が必要だね2,足し算特定業界やテームに関する専門家が集まる3,組む社外の提携 2,最初のコミュニティは10人でもいい、どんどん輪を広げていく、巻き込む投稿を配信する 3,コミュニティのKPI計測は難しい、成果をうまく説明するのは難しいそうしたら、5つのKPIを組み合わせて見たほうが客観ブランディングKPI:メディア掲載数、SNS反応数、リーチ数)エンゲージメントKPI:(アクティブ率、参加者への支持率)インフルエンサーKPI:(インフルエンサー数)コラボレーションKPI:(社外提携)営業KPI:(売上) 4,なんでコミュニティ?消費者は無数の商品に自分の価値観に合うサービスを選ぶ傾向がある同じ価値観で集まったコミュニティで最初の熱狂ファンからどんどん輪を広げていく、集客でもつながるはずです。 実際コミュニティを作りたいひと絶対読み返すべきだと思います。