5分でわかる!動画広告の恋愛マーケティング

普段本を読みたいですが、読む時間がない方へ分厚い本で読む価値があるのがただの数枚だけ時間はMoney!時間の節約こそビジネスだよ いろんな本を読んで、重複している内容な多いことに気づいた例えば秒で伝え、共感させるYoutobe広告術を話した本ですが、実は3C分析,動画広告運用の基礎、AISASのマーケティング・プロセスなど他の本でもよめる内容が詰め込んいます。この本だけのポイントとエッセンスを紹介します。5分で分かる本です 恋愛の話を例えにし、動画広告成功のポイントと流れの紹介です。1,一目惚れの美男美女?Youtobe動画の広告は5秒でスキップする機能があります。つまり1秒で興味なければスルーしますね。そうしたら、一目惚れの美男美女ではない。ほとんどの人は一秒のわずかの時間で広告を判断します。最初の5秒で人の悩み、痛みで人の目を引きます。 2,ライン交換?一目惚れしたあとは連絡先交換したいですね。これは動画広告施策でリーチを増やすことです。アプローチして、長期的な関係を作ります。相手が望ましい、適切なチャンネルでアプローチしてみます。 3,猛烈なアタック?人はよく目に見る人自然的に親近感を持つ安いですし、美男美女ならまっと持ちやすいね。ラインのコミュニケーションでさらに感情を深めます。動画広告でコンテクストコミュニケーション取ります。もし相手は外国人の場合、異文化コミュニケーションで「コンテクスト文化の違い」があります。エドワード・T・ホールというアメリカの社会学者は、文化と言語において、世界には2つのコミュニケーション・パターンがあると説いています。 ひとつは高コンテクスト文化で、人間関係や社会習慣など、言語メッセージ以外に依存する傾向が強いタイプのコミュニケーションを指します。詳しく説明しなくてもお互いにわかりあえる、いわば「察しの文化」です。 もうひとつは、低コンテクスト文化。こちらは言語が緻密性を持ち、言語以外のものに依存しない傾向が強いタイプのコミュニケーションのことです。何事も言葉にしないとわかりあえない「言葉の文化」といわれます。高コンテクストの場合、明確な文脈、低コンテクストの場合、相手が察し文脈 4,最後の落とし方999本のバラを用意し、泣きながら大雨の日に彼女の家のしたでI LoveYou と告白したら?これは動画広告のなかでインパクトシーンを作ることです。最後の意志決定を固めるシーンを作ることです。

5分でわかる本!動画2.0Visual story telling

5分でわかる映画解説のYoutobeチャンネルにハマった人はいるか?笑動画と映像の違うことですか?どう区別できるか?5G時代、5年後、10年後の動画はどう変化していくの?この本からヒントだけもらえるが、最低限方向性を導いてくれると思います。 倒産寸前、人生どん底から生き抜いた創業者の奮起ストーリーとしてこの本を見るのが勿体無いです。この創業者の会社の宣伝としてこの本を見るのも勿体無いです。この本の本当の価値は以上の質問に対するの回答のヒントを自分で探すことです。 人の目が止まってくれるように最初筆者は必死にこれから動画の重要性をアピールした。これは世界的にヴィジュアル化の普及です。最後筆者は首尾呼応の手法でクリエイターになれ、好きなもので生きていくと必死に若者に叫んでいた。首尾の部分を除いて、やはり価値は真ん中にある。キーワード:動画歴史、映像と動画、動画の編集技法、5G,8K 1、動画と映像のそれぞれの歴史動画の歴史はやはりYoutobeの誕生発展、iphoneの誕生発展と切っても切れない関係を持っていますね。2005年誕生したYoutobeは10年地道コツコツコンテンツを積み重ねでようやく2014年に日本中世間をブレイクした。巨人のFBは2015年も動画対応しました。この後ショットビデオのTiktokなどが大ヒットついてにKOLエコノミー→MCN会社ブーム詳しくは動画の歴史の専門本を読んだ方がいいですね 2007年iphoneが誕生これはスティーブジョブズのイノベーションを起こして、すごいところです。ほとんどの会社は将来的にコンテンツ画面を大きくなると思い込んだとき(テレビなど映像業界に投資した会社はほとんどは大失敗)、この人だけ画面が小さくなると信じていた。この人は将来的に人間は隙間の時間でコンテンツを見る習慣が付いていくと信じた。これの歴史についてはスティーブジョブズの関連の本を見た方がいいですね。 2、動画と映像の違うところ、どう区別か 最初は映像はテレビ、映画館、PCで放送されているやつで、動画はSP側見たことだと粗末区別した。実は区別はinformation per time 、つまりIPTです。動画は情報の凝縮があるコンテンツです。例えば映像なら9ぺーじでかかっているところは動画なら1ぺーじで表現する。誰でもIPTが濃いものでしょう?楽で簡単だし、自分で本を読むより、他の人の解説の方が楽例えばトイレに行く隙間にドキュメントなど映像を見る時間はないけど、動画を見る時間がありますね。例えば5分でわかる映画のYoutobeチャンネル。Youtobeチャンネルは誰でもできるし、更新頻度も高いし、どんどん若者は長い映像から動画に 3、日本映像業界状況と世界的に動画産業革命の歴史日本の映像業界は確かに独特ですね。必要な場合詳しく読むわ。簡単に読んだけど、テレビ朝日、TBS、フジテレビなど5のチャンネルしかない競争が激しくない環境です。 4、5G時代、8K時代動かないとなんか物足りなくなる5G時代がくる。人間も動いているものについに関心を払う傾向がある8Kは画面の解析度、大げさにいうと、将来はビュティーカメラを使っても毛穴が隠せない時代がくるよ。いい面だと実際の美しい風景は目で見る現実と変わらないくらい綺麗だ 5、動画、映像撮影のテクニック,編集技法高嶺の花のような監督職はYoutobeの誕生で誰でも試していけるものになった。ただし、動画をとるテクニックはやはり映像の編集技法を手本にするべきだ。