一秒でわかる本 !顧客体験マーケティング

本を読む前提として、マーケティングとは何者かわかる?マーケティング関連の本はすべて皮です。数学、経済、政治、統計学、消費者行動論、社会心理学、文化人類学、歴史は肉身です。 一秒でわかる本:5000個の顧客体験のCaseを分析した結果、その共通な構造を抽出した、科学的な仕組みと方法論までまとめた本です。どんな方法論をまとめたというと、ブランド価値が成立するプロセス、つまり人間の行動と心理の因果関係を可視化しました。それを元にストーリー作ります 本の構造1、この理論の必要性2、ブランド価値が成立するプロセスとはなに(What)3、ブランド価値が成立させるために具体的な方法(How)4、ストーリー作り きになるポイント1、企画とはなに?一言で言えば、過去のデータの因果関係による未来を予測することです。企画とはデータを結果として捉え、データを生み出した原因とプロセスを逆算して、この因果関係に乗して起こしたい変化を狙って起こすことが企画です。2、データ以上、企画未満顧客を理解して寄り添おうと言うスタンスとして多くのマーケターの共感を得つつあるものの、具体的に顧客体験をどう捉え、施策に落とし込み、実行して成果につががると言う方法論は確立されていません。いくらデータが進化しても、データは次の施策を生み出す訳ではない、つなぎの仕組みがないから。データがあっても良いアイデアを生み出せるのは実は個人の力です。データを額面通りに受け取るのではなく、データが生まれた背景から企画するべき3、ブランドを選ぶ瞬間をMOTと呼ばれています。これは口コミで商品をみる瞬間でもあり、店舗で商品を手でとった瞬間でもあります。大事なのはその瞬間がいつどこか起こしたではなく、なぜ起こしたことです。この瞬間は勝負の瞬間ではなく、勝負が始まる瞬間です。何か勝負を左右するかと言うか、生活文脈とブランドとのマッチです。どれほど素晴らしい商品でも生活者にとって文脈がなければ購入されません。例えば筋トレしな人はプロティンを買いません。逆に買われたと言うことはブランドは生活者にとって対価以上の価値に変わる、なにかしら文脈があると言うことです。そしてこのような文脈は欲しくないを欲しいに変わる、ファンになる力、強豪からスイッチする力も4、顧客体験をストーリーで捉える顧客がブランドを買ったとはブランドは顧客にとってなにらかの価値を感じていたからです。顧客理解を施策に落とし込むために、顧客像ではなく、顧客にとってブランドが価値になる理由と条件が必要生活の中で生活者が生まれた課題に対して、ブランドがどうのような役割を果たせると認識された時価値になります。このプロセスは顧客観察→仮説構築→実験→検証観察から学びを得たら、実験で検証、最初はスモールスケールの実験を行い、検証されれば本格的な施策として展開5、ブランドは価値として成立したプロセスがある、これを構造的に捉えるべきです。ものが価値になる条件と価値にならない条件を見極めるべき顧客の声をそのものではなく、この声を生まれた文脈と理由を調べ、行動をとる7、ブランドとして受け入れられるプロセスとはAcceptor Modelと呼ばれます。1、現状体験(顧客は現状を当たり前だと思う、問題意識がないです。この時広告とプロモーション配信で新たな生活シーンを提案する、世の中はこういう体験でもあるよと生活者にストーリーを提案、生活者は語られるストーリーに触れることでブランドが掲げた理想像を認識し始めた)2、課題間の発生(顧客はブランドからの提案で描かれた理想像と自分の暮らしている現状が違うと言う差分を感じ、今まで当たり前だと思う行動に疑問をもつようになった、課題を感じるようになった3、受容価値(ブランドが提供する便益は生活者が抱いた課題が対になることで価値が成立)4、生活変化(購入後ブランドは生活者の生活に馴染む、この体験を得られるのはこのブランドだけと生活者が思う)みなさんは少しブランドはいかに君の生活に入れることを想像したら(ナイキとかスタバとか)8、ストーリーは二つの分類があります。一つはイメージ形成、これは中長期的にブランドの好意形成のために価値の再認識です。例えば負けるのはよくないもの、ただし負けるのは成功の母という話がある。これは価値の再認識です。もう一つは課題解決型、目の前の課題を発見し、解決問題提起の対立構造と問題解決の受容構造があります。8、ナラティブ分析商品は自分の機能があるが、生活側にも自分のストーリーがあります。顧客が主観的に感じた価値や課題感をマーケティングでつかえる要件に翻訳すべき、9、ストーリー作りのプロセス1、ナラティブの収集Acceptor Modelのプロセスを元に質問を設計して、対話技術を用いて生活者のナラティブをひきだす、これは体験観察データです。2、データの整理3、ストーリーを作る10、価値が成立する条件シームレスのストーリーを作ることです。これはdominant StoryとAlternative Storyで捉える。dominantStory:生活者の考えを支配する物語、これは社会集団文化(この集団の神話とか歴史文化とか、政治とかメディアとか)Alternative Story:リーチから購入まで筋道11、いいストーリーの選定基準1、規模:どれぐらいの人々の心が響くか2、競争力:競合との顧客の奪いあうになった時、どれだけの顧客を獲得できるか

5分でわかる本!SNSでものを買う決め手は?

普段本を読みたいですが、読む時間がない方へ知っているか?毎日4000の本が出版されたが、ほとんどは知識と情報の繰り返しです。分厚い本で読む価値があるのがただの数枚だけ時間はMoney!時間の節約こそビジネスだよいろんな本を読んで、重複している内容な多いことに気づいた。この本だけのポイントとエッセンスを紹介します。5分で分かる本です。 中国の話盛极而衰、否极泰来物事は極端的方向に発展していくと必ず逆方向に発展に行く。そうしないとなくなります。これは自然の法則、人間の意志によって変わることはないです。ビジネスのマーケティングの世界に映ると、インフルエンサーマーケティングが発展しすぎると、逆に信頼されなくなります。UGC、マイクロインフルエンサーが出てきます。マスメディアの時代から今のデジタルウェブ時代、中小企業にも大手企業と肩を並べれるように、SNSマーケティング、コンテンツマーケティングを利用した情報発信できます。 今日の本の魅力はSNSマーケティングとコンテンツマーケティングの組み合わの活用 ■本の構成1,WhySNSマーケティング、UGCマーケティングが必要です。(スキップでも大丈夫です、筆者は本を読む理由を作りたいから) 2,SNSマーケティング:情報の配信、伝播コンテンツマーケティング:情報を作る 3,SNSマーケティングとコンテンツマーケティングの組み合わ ■読むポイント1,玉石混交の情報で、一番信頼されるのは家族、友人、知人のおすすめ(つまり口コミ)2,UGCマーケティングのメリット:UGCが生まれると、アテンションが広がり、購買ファンネルの入り口が大きくなる・UGCの生産で、特にブランドメンションの大量生産で、ブランドの指名検索が増え、売上に直結・信頼されやすい・ユーザーの態度変容が起こりやすい。(SNSでUGC内容にリアクションしているユーザーは潜在意識にブランドに好感を持つ)・UGC内容は企業広告よりShareされやい・UGCが多ければブランドの想起効果が出る、何を買うならこのブランド(飲み物ならコカ・コーラ)3,1万人に情報を届ける方法はフォロワーが一万人いるアカウントを見つかることだけではないコアなフォロワーが100人いるアカウントでも可能です。(コアなフォロワーはShareすると)4,UGCがうまれやすい企画を考える、生まれたUGCを効果的に広げる5,クローズ系コミュニケーションのSNSツール(Line)はUGCを軸にした考えは多分向きません。6,UGCの有無と指名検索の有無で施策を考えるまずはSNSで自社のUGCと指名検索について調べましょうか?・UGCあり、指名検索あり→SNS、UGCを活用して、さらなるUGC生産して・UGCなし、指名検索あり→まずはUGCを生産・UGCなし、指名検索なし→UGCを生産するためにまずコンテンツを作ってね7,SNS時代の購入ルートUGCでブランド発見→好きになった→検索1(SNS内検索)→検索2(ヤフーグーグル検索)→アクション→拡散→UGC8,コンテンツマーケティングは顧客の育成のほかに、購入直前の後押しの役割もある9,リアルな関係をUGCで広まると更に信頼されます。(例えば実名制のFB)10,UGCが自然に出ないときこそ、コンテンツマーケティングが重要、つまりコンテンツ制作→UGCの発生11,コンテンツマーケティングは直接的にCVより、間接的にCVに貢献

中国兵法を使ったマーケティング

GoogleでDidi検索してニュースはあったがバックストーリーはないです。これはチャンスと思って今日は二つのストーリーを話します。まずは中国ビジネス歴史で一番残酷なお金を燃やす戦争次は中国兵法を使って10倍より大きな競合を倒れたDidiVS Uberの戦争 中国のタクシー業界のDidi VS Kuaidi実質はテンセントの14億元投資 VS アリババの10億円投資の資本戦争最後はDidiとKuaidiを合併した その後時価総額がDidiより10倍のUberが中国に進出、Didiを倒れ、買収と宣言したが最後は失敗逆にDidiと合併 1、まずはDidiの紹介です2011年アリババ経営者、営業出身の程維さんは起業した。中国でタクシー乗るのが大変だと課題に対するDidiのサービスを運用最初はドライバーもないしタクシーもないし、営業出身の程さんは仕方なくDidiアプリの開発をアウトソーシングした。営業出身の優位性で飲み会で🍻あるタクシー会社とビジネス連携し始めた。(中国のお酒ビジネス文化)笑最初は程さんは自分でお金で無職な人を雇ってDidiアプリ利用しました。この人たちは毎日タクシーを乗るのが仕事です。長くするとドライバーにバレた。ドライバーにDidiアプリを利用し続けるために程さんは苦戦した。転機が来るのが2012年。大雪のおかげでタクシー乗るのが異常に難しくなる、人々はDidiを思い出して利用し始めた。Didiはこの後競合をどんどん倒れて、テンセントから投資をもらって、Weixinの支払いと連携して素早く市場拡張していましたよ。この後、無料タクシー乗るキャンペーンなどお金を燃やす方法で中国一番シェアを取りましたよ。Weixin支払いなど中国人に親和性が高い優位性でUberを退けました。ただし発展しすぎると社会問題が出ました。Didiの悪徳ドライバーが夜タクシーを乗る女の子を殺した事件で社会からバッシングされて炎上しました。 2、中国兵法でUberを倒れた圍魏救趙:Uberの起業者は自ら中国に行ってこの戦争の監督になった。強い相手のUberは中国で毎日千万元でお金でDidiから顧客をとっている勢いで、程さんはアメリカに行ってUberの最大の競合会社Lyftに投資して株主となりました。UberのBackYardに圧力をかけた。 連橫合縱:程さんはインド東南アジアのタクシー業界の会社に投資した。そしてDidi VS Uberの戦争は中米間の戦争ではなく、グローバルもタクシー業界戦争となった。 そして結果はUberは中国市場で20億ドルをかけたがDidiと合併した 実はDidiが最初始まった時恥ずかしいと思われる手段で競合を倒れた。興味がある方に密かに教えます。笑

5分でわかる本!結果を出すSNSマーケティング鉄則

勉強しないより、一夜漬けの勉強のほうが絶対いい明日の分の自信がつきました。うまくテキストでコミュニケーションを取れるようにしたく、日本語の勉強を頑張ります。 一言に言うと、この二つの本の内容のまとめは以下になります。・SNSそれぞれの特性、・仕様の特徴、・業界とサービスとの親和性、・広告配信方法、・SNS活用方法、・SNS運用テクニック、・心をつかむ写真の構図、動画作りのテクニック・SNSツールおすすめ 気になるポイント:1、SNSの分類Who文脈:友達、知り合い系のSNSWhat文脈:同じ趣味を持つ人のコミュニティ 2、理屈抜き読み手の感情を引き出すこと 3、ユーザーが求めることを織り込んだ内容を作る 4、ストーリー展開する写真、動画などクリエティブの作り方Tiktokで動画視聴完成度は一番の評価基準でもあります 5、人間は同じものを7回みないと浸透できない 6、発信者側の意図より受け取り側の意図

5分でわかる本!SNS消費時代の売り方

鳥は意外に恐竜から進化してきたんですよ、なんで恐竜は絶滅したが鳥は生き残るんだね。ものは必ず大きくなければ大きいほうがいいわけではないよ。変化に対応できるものこそ生きられる。今大手企業で働いている君、会社の肩書を外して自分はどんなものですかと考えたことがありますか?自分のアイディティンを立てて、会社へ依存しすぎるないような個時代こそSNS時代そのもの。会社の名前ではなく、個人の魅力で仕事しませんか?自分ブランディングしませんか?自分を中心にコミュニティを作りませんかこれだ、変化を楽しめ、個性を出せとさけぶ3Fの力で価値になる本です。 本の構成はケーススタディ+原理です。個人ブランディング以外、会社の成功事例のケーススタディもいっぱい紹介してくれた。 1,ガチャ飯のアイデアガチャガチャはいつもおもちゃが出てくれるが、まさかご飯!これは常識を覆した発想ですね、まさに長い行列ぐらい、SNS投稿のためにガチャ飯を試したいぐらい、大成功した。原理:この商品はSNSで投稿してもらえるの視点で考えるものを買うより、Shareしたいとか継続な行動につながるかどうか設計です。なんかインセンティブより、自動的にレビュー、口コミしてくれればいい設計になりますね。2,最初人間は場所に行って、写真を撮ってSNSにアップするが、今は逆になっているらしいです。SNS投稿したいから、ディズニーランドに行く、旅行に行くとか3,ネットの関係もリアルな関係に変わっていくまさか中国本土にいたとき、当たり前のことですが、日本は違う。FacetoFaceコミュニケーションのほうが強い。中国でネットでめちゃ喋れる人はリアルで憂鬱ぐらい静かな人です。4,会社SNSアカウントの運用も人間化、人柄を出し、共感され、好意を持ってもらえるべきです。ブランディングを考えると、広告代理店に任せるのは愚の骨頂。これも自分は広告代理店で仕事したとき。サービス全く知らないがブランディングのSNS投稿しないといけない。全く随時取り下げ、無駄な仕事をやっているようで毎日眠れないぐらい不安でした。SNS運用のコツは日々を使い尽くし、使い倒す、かんを磨く方法しかない5,販促はなくなるかもしれない。プロモーション=マーケティングと思う人がいるかもしれない。これは大間違いです。どんなに値段下げても、安売りしても今の時代個性がないサービスは無理です。販促より、SNSで人々と関係を築く、この人の輪で広げていく、自動的に新規集客6,ロジカルシンキングの弊害消費の主体は企業から人間へ、人間マーケティングが生まれます。これからマーケティング数字で表せなかった、理解できない人間インサイトことが増えますね。人類学、心理学、社会学など直感のものが重要になっていく。論理と理性はそろそろ限界がやっていて、論理性と直感両方が意志決定につながっていく時代。7,ライバルは必ず同じカテゴリーの企業ではない時代、本当の敵はだれか?ホテル系会社を滅びすのがホテル系の競合ではない、ものの所有権を利用権にした、業界地図を塗り替えたAirbnbです。中国で財布泥棒をなくしたのが警官ではなく、アリペイの新たな支払い方です。インスタン面会社の利益激減した原因はデリバリーサービスだ。まさか中国のSF小説のなかの言葉の通り、将来で、君を滅びすものは君と全く関係ないです。そうしたら、一見見ると仕事と関係ないことも興味を持つ、想像力を活かすのが大事になりますね。業界や商品の境界はますます曖昧になっていく。関係ない業界で敵が出るかもしれない8,SNS消費会社の広告より、個別で作ったコミュニティの中で消費を決める傾向があります。組織より個売るより関係性仕事より楽しさ、これはSNS消費9,いつかSNS離れ、SNS疲れの時代がくる?SNSの洪水のなかで、個性が出ないSNSますますみられなくなりますね。10,遊び心で仕事をする、仕事を面白がる真面目な買い物ってつまらないよね。ゲーム感、イベント参加感が出る買い物を楽しむプロセスを提供する会社がある。Case:締め切りまで500個予約取れなければ生産しない時計屋さんの企画です。新鮮な風を通した企画です。毎日500個まで何個足りないか見てみたい、思わず目標達成できるかどうか心配になって、助けてあげたいですね。最後はやるかやらないかだけの話です。

5分でわかる本!買う理由は雰囲気9割

最近思ったのは大学時代マーケティング専攻しなくてよかった、中国大学の呪い、何か好きなことがあれば絶対専攻しないで、恨みが生じるから。 今日も主観能動性で問題解決する黄です。今日紹介するのは買う理由は雰囲気9割。 買ってほしい、ぜひ売りたいという押し付けではなく、まず買う雰囲気を作るコンテンツマーケティングに共感しているから読んでみたいです。インフルエンサー起用する会社の社長さんの経験談でした。インフルエンサーマーケティングでもコンテンツマーケティングでも同じで、起承轉結の作文と同じの話です。 選ばれる理由があれば絶対売れる。この法則は死ぬまで変わらないですが、選ばれる理由は時代によって変わっています。物質貧困な時代でものを作れば売れる、選ばれる理由は無機質、無感情の機能の特性、今物質豊富の時代で選ばれる理由は機能以外、付加価値でもあります。商品の価値観とか人間気味、温度感があるから、人間マーケティングも言われています。 以下はこの本だけのエッセンスを伝えます。インフルエンサーマーケティングはまじで簡単ではない、フォロワーが多くても影響力が高そうでもなかなか売れない商品が多いとしみじみ感じていました。逆にインフルエンサーの力を借りて一気に有名になった商品もあります。 今まで経験したことの上で考えた失敗する理由としては・インフルエンサーを見抜けていない(ゾンビフォロワーが多いとかエンゲージメントが少ない)・商品とインフルエンサーの世界感と一致しない、フォロワーは動かない・投稿文章は魅力足りない、フォロワーは動機づけにはなれない・インフルエンサーの投稿は完結型、実はインフルエンサーのフォロワーだけ向けの配信は限界があります。インフルエンサーの投稿をShareされる理由は考えないといけないです。もっと広い範囲で広げていくとインパクトが出ます。・インフルエンサーが配信するタイミングが違う・インフルエンサーの得意ジャンルではない・インフルエンサーの評判を把握しきれない 1,人々は広告主の美辞麗句(プッシュ系の広告)ではなく、リアルを求めています。広告を信じられない時代に入った自社商品またはサービスを素晴らしさを歐えば歐うほど皮肉な逆効果が出た2,インフルエンサーマーケティングでいつもの投稿と違うと敏感的に捉えたユーザーはこれは広告だと読んでくれて、営利目的だと思ってインフルエンサーを信用したくなり、離脱する可能性がある3,良質なインフルエンサーも自分の世界観を守りながらサービスをPRします。 温度感が急に変わったことで、フォロワーは違和感を生じる可能性があります。4,インフルエンサーのフォロワーは同じ価値観を持つ、感覚があう、憧れる存在と思う人が集まっている人が多いが、盲目的紹介するものを受け入れることではないです。インフルエンサーは本当にいい商品と思うし、共感されるアピールすればフォロワーを動けます。5,インフルエンサーの投稿テキストは商品自体を見せるより、使う雰囲気、空気感も見せていくべきです。6,ものやサービスがあふれる今、こだわりとバックストーリーがなければ淘汰されやすいです。7,インフルエンサーとやり取りするとき、投稿条件をガチガチ固めることはしないで、必ず余白を持つ、インフルエンサーらしいスタイルで投稿してくれます。そうしないといつものインフルエンサーと違うってフォロワーは疑い始めた。8,インフルエンサーマーケティングの起承轉結起:目を引く承:共感もらいたい轉:行動させる、やってみよ、ほしいと思わせる結:Shareされる、共有される9,マイクロインフルエンサーの活用お客様は警戒心低いし、営利目的も薄いから、信用されやすい。フォロワーは5000人〜10万人ぐらい中小規模10,インフルエンサーの商品説明するとき、予め商品を良さを説明しすぎないように、お客様が自由にアレンジできる余白がある部分を置くことが大事。つまりユーザーの想像を膨らせます。11,消費者は企業から押し付けれた情報に踊らされることなく、自分で商品を選ぶ、購入を決めます。12,めちゃいい例えばだと思います。以来のマーケティングは虫取りの人みたい、網をもって虫を追いかけているプッシュ系、今は蜜を塗って待つだけのプール系ユーザーは自主的に商品を選択し、検討する時間も必要です。13,インフルエンサーマーケティングの原則共感:共感してくれるコンテンツを作る共創:自ごと化にして、ユーザーと一緒に作る共有:Shareされる