中国最大の口コミサイトMeituanの逸話

人間は何を手に入れたいなら対価を払わないといけない。自分は自分の対価を払う、君は?中国大ヒットした女性ドラマの三十而已のセリフです。 日本に来て想定内の中国に関するネガティヴニュースばかりでした笑ビジネスの世界で合理的に客観的見る人とコミュニケーションとりたいです。もちろん普段ニュースにはないストーリーと逸話を紹介します。 中国のインターネット巨人というえば、BATだと思い出しますね。(中国の大手IT系企業3社である、Baidu、Alibaba、Tencentの頭文字を1つずつとった語)今は後起之秀のTMDの出番です。(TikTok,Meituan,Didiの頭文字を1つずつとった語)今日は残酷な中国インターネット戦争の歴史のデリバリー巨人のMeituanの話です。 Meituanの創業者の王さんは10回以上の新規ビジネスのプロジェクトの失敗を経験、ようやくMeituanのデリバリー王国を立ち上げた。 1,Meituan簡単紹介Meituan最初はグループ購入の形で始まりました。ビジネスロジック:ユーザーにとって低い値段で商品とサービスを手に入れるメリットがあります。サービス側は在庫処理、遊休資産も十分活用なメリットがあります。Meituanはユーザーとサービスの中間仲介のプラットフォームです。 このビジネスモデルが一気にブームになって、2011年グループ購入業界の参入社の会社は5000社超え。中国インターネット史上一番残酷な淘汰戦争です。無数な創業者は退場され、無数なあつあつ従業員は一夜で無職になった。新規部門も一夜で解散しました。ただし、残酷こそ競争力が高い、良質な企業が生まれます。このグループ購入業界の成長市場で、Baidu Waimai (百度外卖)とEle.meという他の2つのプレイヤーからの同様に厳しい競争に対抗しなければならなかった2014年にTencentは株主として大衆點評に投資MeituanはBaiduとTencentの二つの巨人と対面的に戦った、中国のビジネス戦争で倒れたより、合併の結果が普通です。2015年Meituanと大衆點評が合併,つまりTencentと結ぶ2017年餓了麼とBaiduの百度外卖と合併2018年アリババははTencentとMeituanと対抗するために餓了麼を買収 Meituanの紹介記事:https://www.axion.zone/what-is-meituan-dianping/ 2、なぜMeituan生き残ったかMeituanの創業者の王さん個人の考え力と行動力アリババの営業出身の副総裁の干さんを自分の陣に入れた(アリババの地面プロダクトプッシュは中国一番強い)干さんは地面部隊をリーダーしてMeituan は食品配達だけではなく、レストラン予約、映画チケット予約、旅行アグリゲーター、クーポン、美容室予約、車メンテナンス、女性ネイルを組み合わせたローカル生活サービスのアプリケーションとなりました。 Meituanのサービスは多元化すぎる、一つ領域の専門的になったほうがいいと指摘されますね。これは中国ビジネススクールでもよく議論した問題これは創業者の王さん独特の考えです。勝つのが目的ではなく生き続けるのが目的です。興味がある方は個人でコミュニケーションとりましょうか 3、中国のローカル生活サービスを巡った競争Meituanの毎ずつサービスに対するアリババも対陣Meituanと対抗するためにアリババの布陣サービス:Ele.me、口碑,飞猪,陶票票,盒马鲜生戦争はまだまだ続きます。