5分でわかる本!オムニチャンネルとは?

普段本を読みたいですが、読む時間がない方へ分厚い本で読む価値があるのがただの数枚だけ時間はMoney!時間の節約こそビジネスだよいろんな本を読むが、実は重複内容が多い、時間の無駄ばかりです。ここでこの本だけのエッセンスを伝えます。 今日紹介したいのがリアル店舗のオムニチャンネル、実はいつもオンラインのデジタルマーケティングやっている、全くオフラインの知識がないです。デジタルにも共通点があるし、施策にヒントが出ると思って読んでみました。構成は以下です。1,オムニチャンネルとは2,なぜオムニチャンネル3,オムニチャンネルの活用 1,オムニチャンネルとは時代が変わる中で、お店の形態も変わります。 パパママ経営の定価販売の業種店→チェーン店の食品スーパー→24時間営業のコンビニ→SPでいつでもどこでも値段比較できるネット通販 それに応じてお客様の買い物スタイルも変わりつつ、購入チャンネルも変わります。一つのチャンネルで完結するモデルから複数のチャンネルを跨る購入モデルになります。 店頭のシングルチャンネル→(注文方法多様化PC購入、テレビ購入)マルチチャンネル→クロスチャンネル(テレビを見たあと店舗で購入→オムニチャンネル(チャンネル横断化) つまりオムニチャンネルとはお客様はいつでもどこでも購入できる、自分がほしいと思ったとき、ほしい方法で商品を購入できること。 2,なぜオムニチャンネル経済学の需要と供給からみると、供給(チャンネルの多様化、注文方法の多様化、商品豊富提供、お客様の選択が多様化)が増えるから、主導権はメーカーからお客様に変わります。ECの発展にも触媒 つまりオムニチャンネルのポイントはすべてユーザーのために。 3,オムニチャンネルの活用・いつの時代より便利なものってユーザーが求める、時短性、効率性はユーザーが求める、つまり便利を売るユーザーは自分の都合で好みで商品を選びたい・オムニチャンネルのなかで、ユーザーとのタッチポイントが増える中、お客様のことをより深く知るためCRM施策の材料にもなります。