5分でわかる本!結果を出すSNSマーケティング鉄則

勉強しないより、一夜漬けの勉強のほうが絶対いい明日の分の自信がつきました。うまくテキストでコミュニケーションを取れるようにしたく、日本語の勉強を頑張ります。 一言に言うと、この二つの本の内容のまとめは以下になります。・SNSそれぞれの特性、・仕様の特徴、・業界とサービスとの親和性、・広告配信方法、・SNS活用方法、・SNS運用テクニック、・心をつかむ写真の構図、動画作りのテクニック・SNSツールおすすめ 気になるポイント:1、SNSの分類Who文脈:友達、知り合い系のSNSWhat文脈:同じ趣味を持つ人のコミュニティ 2、理屈抜き読み手の感情を引き出すこと 3、ユーザーが求めることを織り込んだ内容を作る 4、ストーリー展開する写真、動画などクリエティブの作り方Tiktokで動画視聴完成度は一番の評価基準でもあります 5、人間は同じものを7回みないと浸透できない 6、発信者側の意図より受け取り側の意図

5分でわかる本!SNS消費時代の売り方

鳥は意外に恐竜から進化してきたんですよ、なんで恐竜は絶滅したが鳥は生き残るんだね。ものは必ず大きくなければ大きいほうがいいわけではないよ。変化に対応できるものこそ生きられる。今大手企業で働いている君、会社の肩書を外して自分はどんなものですかと考えたことがありますか?自分のアイディティンを立てて、会社へ依存しすぎるないような個時代こそSNS時代そのもの。会社の名前ではなく、個人の魅力で仕事しませんか?自分ブランディングしませんか?自分を中心にコミュニティを作りませんかこれだ、変化を楽しめ、個性を出せとさけぶ3Fの力で価値になる本です。 本の構成はケーススタディ+原理です。個人ブランディング以外、会社の成功事例のケーススタディもいっぱい紹介してくれた。 1,ガチャ飯のアイデアガチャガチャはいつもおもちゃが出てくれるが、まさかご飯!これは常識を覆した発想ですね、まさに長い行列ぐらい、SNS投稿のためにガチャ飯を試したいぐらい、大成功した。原理:この商品はSNSで投稿してもらえるの視点で考えるものを買うより、Shareしたいとか継続な行動につながるかどうか設計です。なんかインセンティブより、自動的にレビュー、口コミしてくれればいい設計になりますね。2,最初人間は場所に行って、写真を撮ってSNSにアップするが、今は逆になっているらしいです。SNS投稿したいから、ディズニーランドに行く、旅行に行くとか3,ネットの関係もリアルな関係に変わっていくまさか中国本土にいたとき、当たり前のことですが、日本は違う。FacetoFaceコミュニケーションのほうが強い。中国でネットでめちゃ喋れる人はリアルで憂鬱ぐらい静かな人です。4,会社SNSアカウントの運用も人間化、人柄を出し、共感され、好意を持ってもらえるべきです。ブランディングを考えると、広告代理店に任せるのは愚の骨頂。これも自分は広告代理店で仕事したとき。サービス全く知らないがブランディングのSNS投稿しないといけない。全く随時取り下げ、無駄な仕事をやっているようで毎日眠れないぐらい不安でした。SNS運用のコツは日々を使い尽くし、使い倒す、かんを磨く方法しかない5,販促はなくなるかもしれない。プロモーション=マーケティングと思う人がいるかもしれない。これは大間違いです。どんなに値段下げても、安売りしても今の時代個性がないサービスは無理です。販促より、SNSで人々と関係を築く、この人の輪で広げていく、自動的に新規集客6,ロジカルシンキングの弊害消費の主体は企業から人間へ、人間マーケティングが生まれます。これからマーケティング数字で表せなかった、理解できない人間インサイトことが増えますね。人類学、心理学、社会学など直感のものが重要になっていく。論理と理性はそろそろ限界がやっていて、論理性と直感両方が意志決定につながっていく時代。7,ライバルは必ず同じカテゴリーの企業ではない時代、本当の敵はだれか?ホテル系会社を滅びすのがホテル系の競合ではない、ものの所有権を利用権にした、業界地図を塗り替えたAirbnbです。中国で財布泥棒をなくしたのが警官ではなく、アリペイの新たな支払い方です。インスタン面会社の利益激減した原因はデリバリーサービスだ。まさか中国のSF小説のなかの言葉の通り、将来で、君を滅びすものは君と全く関係ないです。そうしたら、一見見ると仕事と関係ないことも興味を持つ、想像力を活かすのが大事になりますね。業界や商品の境界はますます曖昧になっていく。関係ない業界で敵が出るかもしれない8,SNS消費会社の広告より、個別で作ったコミュニティの中で消費を決める傾向があります。組織より個売るより関係性仕事より楽しさ、これはSNS消費9,いつかSNS離れ、SNS疲れの時代がくる?SNSの洪水のなかで、個性が出ないSNSますますみられなくなりますね。10,遊び心で仕事をする、仕事を面白がる真面目な買い物ってつまらないよね。ゲーム感、イベント参加感が出る買い物を楽しむプロセスを提供する会社がある。Case:締め切りまで500個予約取れなければ生産しない時計屋さんの企画です。新鮮な風を通した企画です。毎日500個まで何個足りないか見てみたい、思わず目標達成できるかどうか心配になって、助けてあげたいですね。最後はやるかやらないかだけの話です。